2020-12-01から1ヶ月間の記事一覧

宮崎〇郎を〇ろしてやりたい

『山猫』のドン・ファブリツィオは黒嬬子の堂々たる大ネクタイを自分で巻く。他方、加賀の前田本家には衣装係の使用人がいて、当主は蝶ネクタイを自分で結ばない*1。シチリアのサリーナ家と加賀百万石では経済力が違うのか。それともファブリツィオのダンデ…

『ランボー ラスト・ブラッド』の車中場面

姪を連れて帰る車中のところ。自分は最初姪の視点に同化していて、こんな叔父がいたらどんなに心強いかと羨望した。ところが次の瞬間、ゾっとする。むしろこの叔父にならねばならないのである。 ここでランボーの台詞が始まる。こんな俺でも家族を持てたと死…

「100万ドル債券盗難事件」『名探偵ポワロ』

アガサ・クリスティだから『ポワロ』には変装ネタが多い。不審人物が出たら誰かの変装だろうで片付いてしまう。ミステリーとして見れば心許なくなる話数が多い。しかし『ポワロ』にはミステリーと並走してシリーズ全体を通底するもうひとつのモチーフがある…

自室で核実験をやる話

昨夜、夢の中で自分は小型原爆の核実験を自室で行った。この手の夢は一度見たことがある。夢の中の自分も二度目の実験だと自覚している。 タイマーをセットして自室から出来るだけ遠ざかろうとする間、自分は堪えられない緊張感を覚え、その手の犯罪者の心理…

『彼が二度愛したS』 Deception(2008)

例によって何も知らずに見始めたのである。冒頭、深夜。会計士ユアン・マクレガーが監査先の会議室で独り溜息をつく。 「結婚してえなあ~」 ここで”DECEPTION”がタイトルインして嫌な感じしかしなくなる。またユアンの文系暗黒路線か。文系男が酷い目に遭う…